【低所得】年収230万でも年間100万貯めた方法【貯金】

生活改善

こんにちは!Fumiです。

今回は私がマンション購入するために年収230万で年間100万を貯めた方法を紹介します。

年収230万の1か月の生活費

年収230万の手取りが約183万なので年間83万円を使うことができます。ひと月当たりやく7万弱使えます。

一か月の生活費を7万に強制的にしてしまいます。残りのお金は全部貯金です。

どういうことかというと月1回銀行から降ろしてくる金額を7万だけにして、その7万だけでやり繰りをします。

キャッシュカードやクレジットカードなどを一切持たないことで上記の7万以外の資金調達を防ぎます。カードなどを持たないことでATMが使用できません。銀行の窓口は平日の日中にしか開いていないので、お金を引き出しづらい状況を作ります。仕事が平日の休みの時に銀行に行くか、お昼休みの短い時間にしか行けないなど。

「7万じゃ生活できないよ!」って思われるかもしれませんが、実際に7万しか使えない状況にしてしまえば、その人なりの創意工夫でやっていけるものです。

要するに「節約するぞ!!」という意思の力に頼るのではなく物理的に強制してしまうのです。

ボーナスを含めひと月7万の貯金で100万

年間100万を貯めるためには

100÷(月の給料×12+ボーナス×2)=約7万

ひと月当たり約7万を貯められれば年間100万を貯めることができます。

最低でも手取りが14万あればいける計算になります。物価が高い都会では最低賃金は1000円以上ですし、地方だったら家賃や物価が安いのでどこに住んでいるかの差はありません。

生活費の内訳

私の場合は大学生の弟と同居していたので(これはチートになってしまうかも)5万の家賃を折半して2万5千で済みました。光熱費も折半で5千円ですが食費2万円は基本私が払っていました。通信費が5千円です。

7万-(家賃2万5千食費2万光熱費5千通信費5千)=1万5千

生活していくのに最低限の費用を引いた残り1万5千がお小遣いとして自由に使えます。働いているのにたった1万5千円しか小遣い無いの?って思うかもしれませんが、学生時代小遣いを全くもらえなく、唯一自由に使えたお年玉(多くもらえた年でも2万円)でやり繰りしていた自分にとっては大金です。

小遣い1万5千の使い道

社会人が月1万5千円しか使えません。月に使える金額が決まっているので無駄な出費が自然と減ります。人は制限がある方がクリエイティヴィティが増すのでお金も有意義な使い方ができるようになります。

職場の飲み会は秒で断る

最初は行きましたけど、行こうが断ろうがその後の職場の人間関係に何の影響もないのが分かったので今は秒で断ります。酒が飲めない自分にとって1回5千円の飲み代は他人の酒代を払っているだけに感じたし、5千円ってその当時の自分にとって1週間分の食費に当たりますからね。

内向的な趣味は金がかからないよ!

ネトゲにハマっていました。私のハマっていたゲームは月額約1,300円しかかからなく、一日中遊んでいられるのでコスパ最強でしたね。ネトゲなので頻繁にアップデートもあって飽きることはなかったです。弟と一緒に同じゲームで遊べたのも一人で遊ぶより倍以上楽しめました。

ギターはこの当時住んでいたオンボロアパートでは近所迷惑になるので全く弾くことはできませんでした。月にかかる費用は弦代だけなのでコスパのいい趣味ではあります。

読書もコスパいいですね。月5冊くらい買ったとしても1冊1000円前後としても5千円程度ですし、図書館など利用すればお金はかかりませんしね。自己投資にもなりますしね。

金がかからない趣味があると節約にはいいですね。暇になると無駄遣いが増えますしね。

貯金は何の目的でするのか?

私はマンションを購入したことにより人生が変わりました。ボロアパートで全く弾くことのできなかったギターを再開し、環境が変わったことで長年悩まされていた睡眠不足も解消されました。いまだに非正規雇用ですが年収も430~450万まで上がって、住宅ローンを毎年200万づつ繰り上げ返済ができています。

日本人は貯金や節約を美徳と捉えて、それ自体が目的となってしまう人がいます。まとまったお金を貯金した先に、そのお金で自分が何をやりたいのか明確にしたほうがよいです。

以上!

タイトルとURLをコピーしました