野菜不足解消にメイソンジャー

こんにちは!Fumiです。

皆さん野菜は食べていますか?

今回は野菜不足解消のためのヒントになればいいなと思い記事を書きました。

1日に必要な野菜の摂取量は?

厚生労働省によると1日350g以上の野菜を摂取することが推奨されています。

350gと言われても実際にどれくらいの量を食べればいいのか分かりづらいですよね。

そこで1日350gの野菜を摂取するための目安としてメイソンジャーという保存瓶を紹介します。

メイソンジャーとは?

米国技師ジョン・メイソンが19世紀に開発したガラス製の容器です。

密閉性が高く長期保存に適したビンです。

2015年頃から日本でも流行したようです。

ボール社のメイソンジャーが有名で、サラダ、ピクルスなどの野菜の保存やナッツ、コーヒー豆などの乾物の保存に使えます。

ストローを付けられる蓋もあってドリンク用にも使えます。

メイソンジャーでサラダの作り方

1ビンを煮沸消毒しましょう。

メイソンジャーは耐熱ガラスではなくソーダガラスです。いきなり熱湯をかけてしまうと割れてしまう可能性があるので、鍋に水とビンを入れて火にかけて徐々に温度を上げていきましょう。

2野菜を切る。

野菜

今回用意したのはキュウリ、ニンジン、トマト、レタスです。

煮沸消毒している間に具材を用意してしまいましょう。

3ドレッシングを用意しましょう。

メイソンジャー1個分の材料です。

  • オリーブオイル・・・・・・・・・大さじ1
  • リンゴ酢・・・・・・・・・・・・小さじ1
  • 黒コショウorマジックソルト・・・小さじ1/2

上記の材料をボールに入れて混ぜるだけでドレッシングはできます。

市販のものよりも出きれば手作り推奨です。

4ビンに材料を詰めていきましょう。

最初にドレッシングを入れます。

次にキュウリなどの堅めの野菜を入れます。

最初に入れた野菜が漬物のようにドレッシングがしみ込んでいきます。

キュウリの上に人参とトマトを入れていきます。

最後にレタスなどの葉物野菜を入れていきます。

蓋をして完成!!

一つのビンで何グラムの野菜が取れる?

メイソンジャーでサラダを作ったとき何グラムの野菜が取れるか測ってみました。

240mlのビンだと約100g 480mlのビンだと約200gの野菜が摂取できます。

480mlのビンなら1日に必要な野菜が半分以上取れることになります。

汁物や煮物などの副菜と合わせれば1日の摂取量を取れるようになると思います。

一日1メイソンジャーを目安に野菜を積極的に取りましょう。

サラダを毎日用意するのって面倒ですよね。

私はメイソンジャーを利用するようになってサラダは休みの日に1週間分まとめて作るようになりました。

最初は100均で買ったビンで試してみたけど4,5日経つと野菜が傷んできてしまって、その点密閉性の高いメイソンジャーは使い勝手が良かったです。

物事を習慣化するときは初めは意志力が必要ですが、既に習慣化されたことを継続していくには、その習慣が手軽に行えるかによるところが大きいです。

サラダをまとめて作ることによって作業効率が上がって、時間が短縮されます。

作り置きしたサラダはお皿にうつすだけで一品完成できるので、平日仕事などで遅くなった日も手軽に野菜を摂取する習慣がつくとおもいます。

ビンの底の野菜がドレッシングで漬け込まれるので少なめのドレッシングでも美味しくたべられます。漬け込まれた野菜との対比で塩分がより強く感じられるのでヘルシーなサラダになります。

数日して味に飽きてしまったら半熟卵やサラダキチン、きざみ海苔などトッピングしてアレンジするのも楽しいですよ。

以上!ノシ

続き野菜不足解消にシリコンスチーマー

タイトルとURLをコピーしました