エアコンのドレンホースからの排水でベランダが水浸し!を解消したい

家事

こんにちは!Fumiです。

夏や冬になるとエアコンがフル稼働になると思いますが、エアコンのドレンホースから出る排水が気になりませんか?

最近の主流はドレンホースは短めにして床に垂れ流す設置の仕方をする業者さんが多いみたいです。

洗濯物などを干しにベランダに出たとき足の裏が汚れたり、最悪滑って転倒してしまうかもしれません。排水が乾いた後、シミになったり、細菌が繁殖してピンク色の汚れが付着することがあります。

エアコンの排水の水浸し解決方法
  • バケツに排水を溜める
  • ドレンホースを排水溝まで延長する
  • ドレンレールを排水溝まで設置する

エアコンの排水をバケツに溜める

ベランダなどに排水溝がない場合はドレンホースをベランダの外(1階)まで延長するかバケツに水を溜めるしか方法はなさそうです。

ドレンホースを1階まで延長する場合は大家さんもしくは管理会社と相談することになるので面倒ですね。

バケツに溜める方法も定期的にバケツに溜まった排水を捨てないといけないし、蚊の発生源になってしまうこともあります。

エアコンの排水を植物に与えては駄目ですよ。細菌や不純物が多く含まれていますので植物が弱ってしまいます。

ドレンホースを排水溝まで延長する

排水溝があるならドレンホースを延長するだけで解決できると思います。

問題点はドレンホースが通行の邪魔になることですね。足に引っ掛けて転倒してケガをしてしまうかもしれません。

踏んづけてしまってドレンホースが破損してしまうこともあります。

ドレンラインを排水溝まで設置する

私がおすすめなのはドレンラインを排水溝まで設置する方法です。

私のベランダにもドレンラインを設置しました。素人でも簡単に設置できますのでおすすめです。

ドレンホースの先に防虫キャップを付けました。ゴキブリやコバエの侵入経路になっているかもしれません。私の部屋の場合ゴキブリは1度も出たことがないのですが、コバエがたまに湧いているときがあります。

ドレンライン用ホルダーとドレンホースをビニールの紐で固定しました。

排水が排水溝まで流れるようになりました!ドレンラインは柔らかい素材でできているので踏んづけても問題ありません。カッターやハサミなどで簡単に必要な長さに切ることができます。

まとめ

お金もそんなに掛かりませんし素人でも簡単に設置できますので、エアコンの排水に悩んでいる方はお試しください。

最初はドレンホースを延長しようと思っていたのですけど、検索でドレンラインを知って今回はこれを設置しました。ウッドパネルを敷きたかったのでドレインラインなら邪魔にならなくて良かったです。

以上!ノシ

タイトルとURLをコピーしました