【ベランダDIY】一人暮らしの狭い部屋にウッドパネルでオシャレな空間を広げよう!

生活改善

こんにちは!Fumiです。前回の記事でエアコンの排水の問題を解決したのはベランダをウッドパネルでオシャレにリフォームするためでした!

一人暮らしのマンションだと部屋が狭くて、少しでも狭さを感じないようにベランダを有効活用したいと思っていました。

ウッドパネルを敷いてみた

ベランダの半分部分です。エアコンの室外機をベランダの真ん中に置いてしまったのは失敗でした。画像の右下の見切れているのがエアコンです。今度エアコンを買い替えたときは端の方に置く予定です。ウッドパネルを置く前に床掃除をしました。奥に見える隣の床とあきらかにきれいなのが分かります。パネルを敷いた後はしばらく掃除ができなくなってしまうので綺麗に磨きました!

108枚入りのウッドパネルを買いました。足りなくなって後から買い足すのが嫌だったので多めに・・・これは失敗した(>_<)

カットする必要もなく4枚で横1列敷くことができました!

78枚のウッドパネルを1時間ほどで敷き終わりました。40枚余ったよ・・・(>_<)1枚約250円だったので諭吉1枚分余計に使ったよ(´;ω;`)ウッ…

暑さ対策になるかなと思ってはいたのですが直射日光の当たる場所は熱くて歩けませんね。もともとコンクリートむき出しではなく塗料がぬってあって床がそんなに熱くはならなかったので、暑さ対策という点では失敗でした。

サンシェードの取り付け

エアコンの室外機に直射日光が当たるのを防ぐ目的でサンシェードを取り付けました。

私のベランダは南側なので8月の下旬あたりからエアコンの室外機に直射日光が当たり始めます。9月いっぱいまではエアコンがフル稼働なので、少しでも電気代の節約になればいいなと思って付けました。

日影ができるのでベランダですごしやすくなりました!あいにくの雨で分かりづらいですが。

キャンプ気分でリフォームしたベランダでお食事をしました

ピザづくり

出来上がった生地にフォークで穴をあけて・・・なぜ穴をあけるのかは知らない(。´・ω・)?ピザ生地の形は鉄板いっぱいにしたいので丸くはない!(下手なだけなのは察して)

ソースをぬって、生地の上に具材をのせて(ブログに乗せるから見た目重視でいつもより少なめ)

いつもなら具材をこの3倍くらいのせて超絶食べづらいピザが完成します。こぼしながら食べるよ!でも美味しいよ!

チーズをたっぷり♪

鶏肉とほうれん草をのせて完成!「バジルじゃないの?」ってつっこまないで!バジルなんてシャレた野菜は近所に売っていません!

使っていなかったコタツと余ったウッドパネルを積み上げて作ったウッドパネルベンチでピザパーティーをしました。最近物欲が激しいからこれでいい!

ウッドパネルのおかげで植物が映えますね。

フェンスの部分も今後木製のフェンスでリフォームしたいですね。

涼しい季節になったらここで読書などがしたいです。

ちなみに食事が終わったらコタツは片づけました。ベランダは避難経路ですからね!

以上!ノシ

タイトルとURLをコピーしました