Fitbitをパソコンで使用する方法【Fitbit Connect】

Fitbit

こんにちは!Fumiです。

Senseを愛用中ですが、先日Fitbit Luxeを購入しました!

スマホは1台しかないので、どうやって記録を保存しようかと悩んでいたらパソコンでも記録がみれます!

  1. PC用のアプリ【Fitbit Connect】を使う方法
  2. 公式サイトでFitbitのデータを見る方法

の2つの方法を解説します。

※私の環境下ではPCのみでFitbitデバイスを使用することはできませんでした。

Fitbitデバイスをパソコンで使用する方法【Fitbit Connect】

  • 手順1:スマホ用Fitbitアプリをダウンロードしペアリングする
  • 手順2:パソコン用アプリ【Fitbit Connect】をダウンロードする
  • 手順3:スマホ用Fitbitアプリで設定したアカウントで【Fitbit connect】にログインする

手順1:スマホ用Fitbitアプリをダウンロードしペアリングする

Fitbit
Fitbit
開発元:Fitbit, Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリをダウンロードしたら

  1. Fitbitアカウントを作成しログイン
  2. 左上のアカウントアイコンをタップ
  3. デバイスを設定をタップ
  4. 自分が所持しているFitbitの機種をタップ
  5. 画面の指示に従って設定
  6. スマホのブルートゥースをONにしFitbit本体を充電器に接続してペアリングをする

ペアリング時Fitbit本体の電源が入っていることを確認してください。時計の文字盤が表示されている状態で同期を行ってください。

4桁の番号はFitbit本体の画面上に表示されます。

手順2:パソコン用アプリ【Fitbit Connect】をダウンロードする

手順3:スマホ用Fitbitアプリで設定したアカウントで【Fitbit connect】にログインする

【Fitbit Connect】をダウンロードしたら起動して

スマホ用Fitbitアプリで作ったアカウントでログインします。

パソコンのBluetoothでFitbitデバイスをペアリングできなくても、パソコンがインターネットにつながっていればFitibtのデータを見ることができるようになります。

【Fitibit Connect】でFitbitのデータを見た場合

スマホの小さい画面とは違い一目で全ての情報を網羅できます。

さらに、それぞれの情報のタイルをクリックすると詳しい情報にアクセスできます。

歩数の場合はグラフと約1か月分の記録を同時に表示させられます。

睡眠時間の場合はグラフと約2週間分のデータを同時に表示させられます。

Fitbitデバイスをパソコンで使用する方法【公式サイト】

  • 手順1:スマホ用Fitbitアプリをダウンロードしペアリングする
  • 手順2:公式サイトに訪問しログインする

手順1:スマホ用Fitbitアプリをダウンロードしペアリングする

Fitbit
Fitbit
開発元:Fitbit, Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリをダウンロードしたら

  1. Fitbitアカウントを作成しログイン
  2. 左上のアカウントアイコンをタップ
  3. デバイスを設定をタップ
  4. 自分が所持しているFitbitの機種をタップ
  5. 画面の指示に従って設定
  6. スマホのブルートゥースをONにしFitbit本体を充電器に接続してペアリングをする

ペアリング時Fitbit本体の電源が入っていることを確認してください。時計の文字盤が表示されている状態で同期を行ってください。

4桁の番号はFitbit本体の画面上に表示されます。

手順2:公式サイトに訪問しログインする

公式サイトのホームページを開いたら

右上にある人型のアイコンをクリックしてログイン

ログイン出来たら、もう一回人型アイコンをクリック

ダッシュボードをクリック

公式サイトでFitbitのデータを見た場合

スマホの小さい画面とは違い一目で全ての情報を網羅できます。

さらに、それぞれの情報のタイルをクリックすると詳しい情報にアクセスできます。

まとめ

スマホの画面だと小さくて使いづらいと感じていた方は、パソコンの【Fitbit Connect】または公式サイトでデータを見てください。

「PCのみでもFitbitデバイスを使えるよ」って方
「PCだとペアリングができない理由」が分かる方

コメントに書き込みしていただけると助かります。

以上!ノシ

当記事へのコメントや質問はこちらに書き込みをお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました