Googleアドセンス関連コンテンツが廃止されMultiplex 広告に!今後の対応を解説

ブログ運営

こんにちは!Fumiです。

2022 年 3 月 1 日より、関連コンテンツ ユニットには広告のみが表示されるようになり、名前も「Multiplex 広告」に変更されます。

https://support.google.com/adsense/answer/11170711?hl=ja

Googleアドセンスの関連コンテンツユニットはある程度の記事数とPV数がないと利用できません

ブログ初心者の私には関係ないわね

Fumi
Fumi

いやいや、ちょっと待って!

ブログ初心者にも関係あるから

関連コンテンツユニットは廃止されますが、Multiplex 広告に変更されます。

Multiplex 広告はGoogleアドセンス合格者は誰でも利用が可能です。

なので、ブログ初心者の方はアドセンス広告の収益が上がるかもしれません。

Multiplex 広告はブログ初心者にとってメリットしかない

関連コンテンツユニットとは

私のサイトでは関連コンテンツユニットが解放されていませんが、上記のような画像の関連記事の中に外部サイトの記事が2~3個ぐらい紛れているのを見たことがあると思います。

関連コンテンツユニットは利用資格制限があり、利用するには

  • 記事数120以上
  • PV数1万以上

が、最低限の目安と言われています。

関連コンテンツユニットを導入しただけでアドセンスの収益が数倍に上がったなんて話もよく聞きます。

関連コンテンツユニットはディスプレイ広告やインフィード広告よりもクリック率が高く収益性の高い広告です。

Fumi
Fumi

誤クリックを狙って記事内に貼りまくっても、リンク先の行動もGoogleは追っているので収益につながらないんだよね。その点、関連記事内の広告なら誤クリックは減るのにクリック率は上がるので、収益も増えるんだよ。

Multiplex 広告とは

ブログ初心者でも(記事数が少なくても)利用できるように、

  • 関連コンテンツユニット内の記事が全部広告に
  • 利用資格制限の撤廃

関連コンテンツユニットは縦2×横4の8記事を表示します。ある程度記事数が必要でした。審査もしないといけないので、収益が見込めるPV数を稼いでいるサイトだけという利用資格制限がありました。

ブログ初心者がMultiplex 広告を利用するメリット

  • 自サイトのコンテンツの充実化
  • アドセンスの収益が上がる

少ない記事(4~5記事)でアドセンスに合格できたサイトの場合、関連記事自体を表示する意味がありません。Multiplex 広告を設置することで、記事下部の空いているスペースを有効活用できます。

関連コンテンツユニットに比べ、Multiplex 広告はクリック率が下がる恐れはあります。

が、

ディスプレイ広告などに比べ、Multiplex 広告のクリック率は高くなると思われるのでアドセンスの収益も上がります。

関連コンテンツユニットが解放されている場合の対応

全部広告になっても問題ないサイト

憶測になりますが、Multiplex 広告は縦2×横4の8記事が全部広告になります。なので、関連記事が全て広告になっても問題ないサイトは、何も対応をしなくて大丈夫です。

全部広告になると問題があるサイト

  • 関連記事への動線がなくなる
  • アドセンスの主な収益が関連コンテンツユニット

関連コンテンツユニットは、それ一つで自サイトの関連記事と外部サイトの広告を表示させられました。記事を読み終わった読者に、自サイトの関連記事に飛ぶか外部サイトの広告に飛ぶかの選択肢を与えられました。

対して、Multiplex 広告は全部広告です。広告感が全面に出てしまいクリック率が低くなる恐れがあります。

さらに、関連記事へのクリック率も減少し、サイトの回遊性も下がる恐れがあります。

Multiplex 広告への対応

  • Multiplex 広告を利用しない
  • 関連記事を利用しない
  • Multiplex 広告と関連記事の両方を利用する

Multiplex 広告を利用しない

アドセンスの収益が減少しても問題ないサイトはMultiplex 広告を利用しない

関連記事を利用しない

アドセンスの収益を重視しているサイトは関連記事を掲載せず、Multiplex 広告のみを利用する。サイトの回遊性を上げるために内部リンクの見直し

Multiplex 広告と関連記事の両方を利用する

Multiplex 広告と関連記事一覧が二つ並ぶ配置で利用する。問題点としてサイトの見た目が悪くなったり、ユーザビリティが悪くなる恐れがあり。

もしくは、

記事毎に、Multiplex 広告のみを利用する記事と関連記事のみを利用する記事に分ける。

  • 離脱率が高い記事はMultiplex 広告を配置
  • 別記事に流れやすい記事は関連記事を配置

記事毎のデータを分析する必要があり手間がかかるので、費用対効果があるかどうかは不明。

まとめ

Multiplex 広告が収益にどのように影響を及ぼすかは、実際に試してみないと分かりません。

が、関連コンテンツユニットが解放されていないブログ初心者にとっては、アドセンスの収益が増加する可能性があります。

Multiplex 広告が利用可能になる2022年3月1日は要チェックです!

以上!ノシ

当記事へのコメントや質問はこちらに書き込みをお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました