【無料テーマCocoon】WordPressプラグインおすすめ5選【ブログ初心者必見】

Blogブログ運営

こんにちは!ブログ初心者の時に「ワードプレス おすすめ プラグイン」で検索して適当にプラグインを導入して失敗したFumiです。

ワードプレスで無料テーマのCocoonを利用しているブログ初心者さん向けの記事です。

当サイトもCocoonと今回紹介する5個のプラグイン+αで運営しています。

おすすめのプラグインとオススメしないプラグインを紹介します

  • 検索するときはサイトの更新日に注意
  • テーマやプラグイン同士の相性で問題が発生することも
  • たくさん導入すればするほどリスクが高まる
  • サイトも重くなる。いいことは無い
  • ブログ初心者はプラグインの導入は出来るだけ最小限に

プラグインなどの情報をサイトで調べるときは更新日に注意

ワードプレスやプラグインなどは日々開発が進み、バージョンアップされます。

古い情報を鵜呑みにしてプラグインを導入すると、最悪サイトが表示されなくなる場合も

記事の更新日は最新の情報なのかの目安になります。

Fumi
Fumi

古い記事のおすすめプラグイン導入で

サイトが表示されなくなった経験済み

プラグインを追加するときはプラグイン自体の最終更新日やインストール数もチェックしよう!

テーマやプラグイン同士の相性で問題が発生することも

ワードプレスで使用するテーマによって必要なプラグインが変わります。

おすすめサイトの情報だけを鵜呑みにして訳も分からずプラグインを入れるとテーマに内蔵している機能とプラグインが競合してサイトの表示速度が遅くなったりします。

そもそも、テーマのほうでカバーできる機能をプラグインで補う必要がありません。

ブログ初心者はプラグインの導入は出来るだけ最小限に

たくさんプラグインを導入すればするほど、セキュリティー上の問題も出てきます。

バージョンアップのたびにプラグインを更新するのも面倒です。

Cocoonに必須なプラグインおすすめ5選

とりあえず、最初にこれだけは入れておいたほうが良いプラグインです。

Akismet Anti-Spam

スパム対策用。デフォルトでインストールされているので有効化してください。

BackWPup

サイトのバックアップを簡単に取れるプラグインです。バックアップさえあればサイトが表示されなくなったりなどの問題が出ても何とかなります。

Contact Form 7

Googleアドセンスなどで必須コンテンツになる、お問い合わせフォームを簡単に作れるプラグインです。

Edit Author Slug

ワードプレスはデフォルトの状態だとログインIDが丸見えの状態です。

ブログのURLに /?author=1 を入れると簡単にログインIDが表示されてしまいます。

ログインIDを外部に漏れないようにするためのプラグインです。

XML Sitemaps

XMLサイトマップを自動で作成できるプラグイン

XMLサイトマップは検索エンジンにサイトのページを知らせるファイルです。XMLサイトマップを送信することで、インデックス登録されやすくなります。

ブログになれたら必要に応じで入れたい便利なプラグイン

Aurora Heatmap

サイト内のクリック箇所を視覚的に表示させるプラグイン

PV数が増え始めたら導入したいプラグイン

具体的な使い方
  • アドセンス広告を貼る場所の最適化
  • 外部リンクや内部リンクの最適化
  • どこに貼ればアフィリンクがクリックされやすいか
  • テキストリンク、バナー広告、ブログカードなど、どの形態でリンクを貼るのが最適なのかなど

Broken Link Checker

自分のサイトに貼った外部リンクのリンク切れをチェックしてくれるプラグイン

リンク切れを放置しておくとSEO的にもユーザビリティ的にもよろしくありません。

ブログ記事が多くなってくると手動ではリンク切れを把握できません。必要に応じて入れてください。

Invisible reCaptcha

スパム対策は Akismet Anti-Spam を入れておけば大丈夫ですが、よりセキュリティーを強化したい方向けです。重めのプラグインなので導入時注意

Pochipp

このような商品リンクを簡単に作れます。Amazonアソシエイトの審査に合格していなくても使えます。商品リンクボタン上部にマイクロコピーを貼れる機能が無料で使用可能

SiteGurad WP Plugin

ログインのセキュリティーを上げるためのプラグイン

Edit Author Slug と併用することで更にセキュリティーが向上します。

便利だけどおすすめしないプラグイン

EWWW Image Optimizer

画像の圧縮用プラグインです。

インストールするだけで、新たにアップロードした画像はもちろん、すでにアップロード済みの画像も自動で圧縮してくれます。

そもそも、アップロードする前の段階で、画像の圧縮などの編集をしておけばインストールする必要のないプラグインです。

画像の編集は

外部サイトのiLoveIMG | 画像編集用オンラインツール

無料で使えるアプリAntelopeが便利です。

入れなくていいプラグイン

All in One SEO

Cocoon内の機能と被りまくり
私が今まで利用したプラグインの中で一番重い

インストールしたらPageSpeed Insightsのモバイルのスコアが15前後落ちました。

Site Kit by Google

Google アナリティクス、サーチコンソール、アドセンスなどの情報をWordPress内の管理画面で簡易的に表示することができます。

そもそも、アナリティクスなどは直接そのページを閲覧すればよいので必要ないです。

インストールしたらPageSpeed Insightsのモバイルのスコアが10前後落ちました。

PS Auto Sitemap

サイトマップをショートコードで簡単に生成できるプラグイン

Cocoonの機能でサイトマップを表示させることができるので必要ありません。

Cocoonでサイトマップを表示させる方法

サイトマップ用の固定ページに以下のショートコードで表示させられます

[sitemap]

サイトマップの表示を変更したい方は下記の数字を0(非表示)1(表示)に変更してください

[sitemap page=1 single=1 category=1 archive=0](デフォルトの設定)

  • page 固定ページのリンク
  • single 投稿ページのリンク
  • category カテゴリーごとのリンク
  • archibe 月ごとのアーカイブのリンク

まとめ:Cocoonは機能が優秀なのでプラグインは必要最小限に!

  • 検索するときはサイトの更新日に注意
  • テーマやプラグイン同士の相性で問題が発生することも
  • たくさん導入すればするほどリスクが高まる
  • サイトも重くなる。いいことは無い
  • ブログ初心者はプラグインの導入は出来るだけ最小限に

以上!ノシ

当記事へのコメントや質問はこちらに書き込みをお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました