Fitbitなどの活動量計で食事、睡眠、運動などの生活習慣を改善するために購入したい本おすすめ8選

Fitbit

こんにちは!Fumiです!

皆さん!フィットビットで毎日の生活の記録は取れましたか?

Fitbitで毎日の睡眠時間や

アクティビティの記録がたまったよ!

で?

このデータが何なの?

Fumi
Fumi

そのデータから生活習慣を改善しようよ!

そうは言っても

どう改善すれば

分からないわ!

活動量計のデータの利用の仕方が分からない方に

科学的根拠に基づいたおすすめの本があるよ!

Fitbitと一緒に購入したいおすすめ本

  1. 『最高の体調』鈴木裕
  2. 『パレオダイエットの教科書』鈴木裕
  3. 『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』鈴木裕
  4. 『マインドフルネスストレス低減法』ジョン・カバットジン
  5. 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』 チャディー・メン・タン
  6. 『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治
  7. 『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』ジョン・J・レイティ
  8. 『マインドセット「やればできる! 」の研究』キャロル・S・ドゥエック

1.『最高の体調』鈴木裕

健康管理には、鈴木裕さんの『最高の体調』が1冊あれば十分です。本を読むのが苦手だなという方には漫画版も出版されています!

2.『パレオダイエットの教科書』鈴木裕

活動量計の購入目的がダイエットの方におすすめです。『最高の体調』の著者である鈴木裕さん本人のダイエット成功体験を基に書かれた本です。

パレオダイエットとは旧石器時代(パレオリシック)の食事法を取り入れたダイエット法です。

人類が誕生した旧石器時代は約260万年続き、農耕や牧畜が始まったのは1万年前のことです。加工食品やファストフードが食べられるようになったのは、ここ最近100年ほどです。人間の進化上、最も適した生活は約260万年も続いた旧石器時代になります。最近広まった加工食品やファストフードが人間の体に進化上、まだ適応できているわけがありません。

旧石器時代の生活と似たような暮らしをしている現代の狩猟採集民の食事、睡眠、運動を取り入れるのは、現代人にとって厳しいものがあります。そこでFitbitなどの活動量計の力を借りて自分なりのパレオダイエットを実践してみてください。

3.『超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド』鈴木裕

Fitbit SenseやLuxeなどのストレス管理機能があるスマートウォッチと相性の良い本です。

ストレス解消法が100個も載っています。自分に合ったストレス解消法が見つかります。

4.『マインドフルネスストレス低減法』ジョン・カバットジン

Fitbitのリラックスアプリ、ガイドセッション機能やFitbit Senseの皮膚電気活動スキャンアプリなどで瞑想の記録をとることができます。

Fitbitで瞑想に興味を持った方にジョン・カバットジンさんの『マインドフルネスストレス低減法』がおすすめです。瞑想のやり方などを詳しく学ぶことができます。

5.『サーチ・インサイド・ユアセルフ』 チャディー・メン・タン

マインドフルネスを実践するための本としてもう1冊紹介。

この本を読めばGoogleの成功の秘密が分かるかも!

6.『スタンフォード式 最高の睡眠』西野精治

Fitbitなどの活動量計で睡眠の記録をとったけど、どのように睡眠を改善すれば分からないという方におすすめの本です。

漫画版ならサクッと読めます!

7.『脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方』ジョン・J・レイティ

運動を習慣化するためのモチベーションアップに読みたい本

私の働いている職場は肉体労働系で、基本一人で作業する時間が多いので対人恐怖症っぽい方や引きこもりの方が就職してくることがあります。その人たちを観察していると、日がたつにつれて表情が明るくなってきます。

「私はこういう性格だから、そういう行動は苦手だ」と思われがちですが「そういう行動をしないから、結果としてこういう性格だ」と周りに思われます。

つまり、性格はただの結果でしかなく、行動するかしないかは自分の性格とは関係ありません。

運動をすることによって脳が鍛えられる⇒脳が鍛えられたことで行動が変わる⇒行動が変わることで、結果として性格が変わったように見られる。職場の人たちは肉体労働で脳が鍛えられ、表情が明るくなるという行動に変わりました。結果、初対面時は暗そうに見えた人が明るい人として周りに認識されます。

運動をすることによって、体力面だけでなく脳も鍛えられることが理解できれば、運動のモチベーションが上がります。運動ばっかりしている人を脳筋とかスポーツバカとか言えなくなりますよ。運動部に入っていて勉強なんてしている時間のない奴が、学校のテストで好成績を取っていることって意外と良く聞きますよね。

8.『マインドセット「やればできる! 」の研究』キャロル・S・ドゥエック

自転車ってほとんどの人が乗れますよね。小さいころ何度も転びながら乗り方を覚えたと思います。でも、世の中には自転車を乗れるようになるには才能が無いと乗れないと言って、本当は自転車に乗れるようになりたいのに、まったく練習しない人がいます。

音楽も才能が無くても自転車に乗れることができるように楽器を弾くことはできます。プロミュージシャンになるには才能が必要かもしれません。楽器を弾くだけ、もしくは音楽を楽しむだけなら才能なんて全く必要ありません。

プロの競輪選手になるのではなく、自転車に乗るだけ
プロのミュージシャンになるのではなく、音楽を楽しむだけ

誰でもできることなのに、自分にはできないと思って全く挑戦しない心の持ちようを「固定マインドセット」と呼び著者は痛烈に批判しています。

その反対に、

「今は自転車に乗れなくても練習すれば乗れるようになる!」
「今はギターのチューニングさえできないけど練習すれば1曲弾けるようになる!」

と思って努力する心の持ちようを「成長マインドセット」と呼びます。

Fitbitを購入したときに湧いていた自分は変われるという思いやFitbitのデータを無駄にしないために、固定マインドセットから成長マインドセットに変えるために読みたい本です。

Fumi
Fumi

いいわけばかりしている

人生で

いいわけ!?

・・・・

まとめ

人生を変えたかったら、まず最初に取り組みたいのが食事、睡眠、運動の改善です。次点で瞑想です。

Fitbitは食事、睡眠、運動の記録をとるのに便利なガジェットです。

Fitbitと上記の紹介した本で理想の自分に!

以上!ノシ

当記事へのコメントや質問はこちらに書き込みをお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました